Simpoe-Moldによる流動解析で成形トラブルを事前に回避の見出し画像

simpoe-mold流動解析ソフトによるシミュレーション 従来、プラスチック製品の製造現場では、製品形状やゲートレイアウトからなるソリやウエルドライン、ショートショット、バリなどの発生は経験に基づいた推測での議論がなされ、結局のところトライ成形をしてみないとわからないのが定説でした。

当社では、Simpoe Moldを導入し金型製造前に製品の流動解析を行い、収縮の分布をビジュアル化することで、トライ後の調整期間を以前より短縮する事ができるようになりました。また、トライ後の形状が視覚的に確認できるので、金型製作の前段階で構造検討が可能となり、製品の品質も向上します。