製品設計事業説明ページのタイトル画像

設計担当者と打ち合わせ 金型や生産コスト、成形時の問題点等をふまえた製品設計をすることが、最終的に工期の短縮やコストダウンにつながります。まずはお客様の会社を訪問、もしくは当社にお越しいただき、製品のお打ち合わせを行います。
打ち合わせには設計担当者を同行させることもできますので、設計上考えられる問題等について、その場でご提案できます。

当社で使用しているCAD、ファイル形式

ワークステーション、3DCADを利用した設計室
3D CAD ・CADCEUS/MOLD DESIGN
・CADMEISTER/MOLD
・SolidWorks2012
・Pro/ENGINEER/Wildfire
・Pro/ENGINEER/Wildfire-Ver.2
・Pro/ENGINEER/2001
・MY PACK/Designer
・VISI CAD
2D CAD ・MY PACK/DRAFT
3D CAM ・TOOLS
Data Converter ・CAD Fix
・CAD SuperFX
・CAD Bridge
データ形式 IGES / STEP / Parasolid

お客様にご用意して頂きたい製品の情報

製品設計打ち合わせ用のスケッチ
  • 用途:どんな状況で使用される製品か
  • 使用される場所:屋外、屋内、気候等
  • 求められる耐久性:耐荷重、耐衝撃性、耐候性、耐薬品性等
  • 簡単なスケッチ
  • 外形寸法がわかる3面図(手書きでも、2次元CAD でも紙図で構いません)
  • モックアップや形のイメージがつかめる模型

など、製品の仕様を固めるうえで必要な情報をご提供ください。もちろん、3次元CADデータを支給していただければ、金型設計、製品の納期短縮につながります。